fc2ブログ

恐怖第6夜 幽霊より怖い話1 

カテゴリ:実話系

 
読んでて怖かった
人間の恐怖を持ってきました。



<蝉>

つい最近、経験した、俺的に洒落にならない怖い話。幽霊とかじゃないんだけど。
バイクが趣味でお盆休み一杯、帰省もかねてあちこちをウロウロしてた。
で、休みの最終日の夕方、また一人暮らしのワンルームマンションに帰ってきた。
一週間、誰一人入る者のいなかった独身男の部屋は、むわっと蒸し暑い。
クーラーをつけて熱いシャワーを浴びて、ビールのカンを空けてソファーに座り、
ひといきついたその時。

ジジジジジジジジジジジジジジジジ!

部屋の中に大音量で奇妙な音が鳴り響いた。
音がした方向を見て、俺は「え!?」と固まった。
白い壁に、蝉、蝉、蝉。蝉が10匹ほどとまっていた。
そのうちの一匹が、人の気配を感じてか、急に鳴きだしたのだ。
気持ち悪い。だが、俺も男だ。別に、虫が怖いわけでもなし。

どこから入ってきたのだろう?換気扇?

などと思いながら、壁の蝉の群れに近づいて、ぞっとした。
その蝉の、一匹一匹が、壁に虫ピンで固定されていた。
鳴いた蝉以外の他の蝉は、既に死んでおり、すっかり乾燥していた。

とりあえず、警察を呼んだ。盗られたものなし。
変質者の仕業であろう、と言う結論に。
カギをかけ忘れた小窓から進入した可能性あり、と。
5Fなんだけどね、俺の部屋。

蝉の乾燥の具合の程度が異なることから、
何日にもわたって変質者が俺の部屋に居座った可能性もある、とのこと。
あらかじめ、死んだ蝉を持ち込んだ可能性もあるけど。
生きた蝉もいたことから、最悪、その日の朝くらいまで変質者が居た可能性も・・・。
さすがに気持ち悪かったので、冷蔵庫の中のもの、
飲みかけのウィスキーのボトルの中身、
全部捨てた。

蝉と虫ピンは、警察が全部持っていった。



<痴漢>

高校生くらいの時、電車で痴漢にあいました。

満員電車で触られて、身動きとれないので「やめてください。」って何度も言ったけど
やめてくれなかったので、だんだん腹が立ってきてそいつの手に爪をたてたんです。

でもそいつはやめるどころかまずますエスカレートしてきて、ぶちぎれた私は
そいつの手を思いっきり、皮がめくれるほど引っかいてやりました。
するとそいつは混みこみの電車の中を猛烈な勢いで人をかきわけて移動し、私から
5メートルほど離れた壁際に移動しました。

少しほっとしてそいつを見ると、そいつはこっちを上目遣いにジッと見つめ、
ニヤニヤしながら私が引っかいた手の傷をベロベロと舐め回していました。

痴漢だ、と気づいた時よりも薄ら寒いものを感じて怖くなり、次の駅で降りましたが
今でもそいつのその時の顔を思い出すとぞっとします。

ちなみにK察(駅員?)に突き出すという考えは、その顔を見て真っ白になった頭では
思いつきませんでした。
怖かった・・・



幽霊より怖い話1
http://yelaixiang1129.blog10.fc2.com/blog-entry-6.html

幽霊より怖い話2
http://yelaixiang1129.blog10.fc2.com/blog-entry-7.html


 

恐怖第死夜 願い・・・ 

カテゴリ:実話系

 
これは確か、いつかのバスガイドサンが
話していた話です。


そのガイドさんは、霊感が強いらしく、
各地へ行っては、必ず見てしまって
いるようです。


そんなある日の観光地で泊まった古い旅館
での話です。

ガイドさんは古い和室の部屋を見て、すぐに
『あぁ…絶対出る』と思いました。

そして予想通り、夜寝るとき、体が動かなくなり、
ゆっくりゆっくり畳をすり歩く音がし、ガイドさん
の周りを回り続け…
『助…けて… 苦し…い…』と繰り返し続けている。

ガイドさんは『早く消えてくれ…』という想いで、
般若心経を唱え続けていました。

そして消えた頃、時計をみると丁度4時…
布団に入った頃が2時頃です。

『まだ2日もある… テンション下がるな…』
そう思いながらその日は眠りにつきました。


次の日、その日はとてもハードで、かなり疲れて
部屋に帰り、お風呂を上がってすぐに、『お願いだから
今日は出ないで』という想いいっぱいで布団に入りました。

するとやはり、畳をする音と、『助けて…苦るしい…』の
声に起こされてしまい、『もういい加減にして!』という想いで、
寝たふりをしていました。

しかし、その音と声は段々エスカレートしていき、
ガイドさんはたまらず、

『うるさいっ!! 疲れてんのっ!!』
と激怒しました。

すると突然パタッと音も声もやみ、
ガイドさんはホッと安心して、目を開けると、


『この薄情者ぉぉっっ!!』
と叫ぶ、もの凄い形相をした、髪の長い着物の女の顔が
すぐ目の前に…

ガイドさんが『ひぃっ』という顔をしていると、女は、
ガイドさんをキッと睨み、ガイドさんの上から起き上がって
何事もなかったかのように、また畳をすって、
部屋の入り口へ歩いていって、フッと消えた…

時計をみると、やっぱり2時頃でした。


翌日、昨日怒らせてしまった恐怖に怯えながら、
またその部屋で最後の夜を迎えることに…
さすがにその夜は前日のこともあって、恐怖で
寝られず、布団に入っていた…

時間は2時…

なにもおきない…

そして3時、4時になってもなにもおきなかった…
この日、この部屋で初めて安心して眠りについた。


あの女が何者で、なにを求めて出てきていたのかは
わかりません。



これは結構怖い話だったので覚えてます。

それにしても、ガイドさんカワイイ顔して
肝っ玉すわりすぎっ…


やっぱりガイドさんとかって、こういう体験する方
多いのかなっ??
是非いろいろ聞いてみたいです。

 

恐怖第5夜 昔の人 

カテゴリ:実話系

 

・うちのおばあさん体験の実話。

霊感が強いらしいうちのばあちゃんが
若い頃の大昔の話。
あんまり怖くないですっ。

その日、友人と出かけ、当時の矢田橋付近の
細い道を通った時のこと。
向こうから明らかにおかしい格好(大正・明治のような)
をした若い男性が歩いてきた。

若き日のばぁちゃんは『おかしいなぁ』と思いつつ、
そのまま通りすぎようと思ったとき、
ふと前を見ると、その男がいつのまにか目の前
にいて、若き日のばぁちゃんに、

『道を尋ねたいのだが…
XXXへ行くにはどう行けばよいであろう?』
と、道を尋ねてきた。

若き日のばあちゃんと、その友人は、
お互いに首を傾げる。
そんな地名など聞いたこともないし、少なくとも
この辺にはそんなところは無い。

申し訳なく思いつつも、仕方なく
『申し訳ありません。存じません。』
と答えると、男は薄笑いを浮かべ、

『左様であるか…
されば結構… 御免…』
と言い、通りすぎていった。

なぜか背筋が凍るような奇妙な雰囲気の男に、
友人と『なんか今の方おかしくなかった?』
『おかしかったよね…』と小声で話しつつ、
後ろを見ると、

?????

今すれ違ったはずの男がいない…



ちなみに、この話には関係ないですが、
その近くには自殺の名所として有名な、
大きな自殺の木があります。

数多くの心霊目撃談をききます。

そこは夜中にもよく通りましたが、私は1度も
見たことありません。

そんな場所にも関わらず、夏には花火や盆踊り
でかなり盛り上がりますっ◎


そのまた近くの踏み切りは、よく人身事故が
おこります。

私の幼い頃から知っていた方(天敵・因縁のライバル)
もそこで、警察に踏み切り内に追い詰められ、
殺されました。

その他にも、多くの事故がおきています。


そのまた近くの公園では、夜中にトイレの前で
女性が無表情で立っているようです。
もし女性を見てしまっても、気づかないフリして
通りすぎましょう。
もし目が合ってしまったら…


 

恐怖第1夜 雑魚ネタ 

カテゴリ:実体験系

私の身のまわりで噂アリの場所など、

怖くないモノを書きます。



1、私の部屋

<目撃情報1 かくれんぼする子供達>
目撃者:霊感が強いらしいうちのばあちゃん。
夜中に声がするので、起きてみると、そこには
3・4人の子供達が
「もういいかい。」「まぁだだよ。」
とかくれんぼしていたそうです。
周りには「ガキは嫌いだ」とかいって、
実は子供好きな私。
かくれんぼかぁ。かわいいなぁ。
って思うのは私だけ??
ポジティブに考える私は、未だに
座敷童子だと思ってます☆

<目撃情報2 殴る男>
目撃者:よくみてしまうらしい弟。
一時期、だれも使わず空き部屋になっていた時、
弟がこの部屋で寝て、しばらくすると
体が激しく重たくなり、動かないことに気づき、
目を開けるとものすごい形相の全身黒づくめの男が、
馬乗りになり、激しく殴り続けてきたそうです。
必死に叫びながら抵抗しようとするも、動けず、声も出なく、
全力で声を出し叫んだら、男は消え、目が覚めたらしい。
いやそれは夢だろ。と言われても弟は、
「いやマジだって!!すっげぇリアルでマジやばかった!!
ホント殺されると思った!!」とのこと。
そうだな。世の中普通では理解できないことも
起こったりするだろうからな。
と、理解しているようなことを言いつつ、
未だに「ただの夢だろ。」と思っている私。

ていうか、みんな勝手なこと言ってんな。人の部屋だと思って。


2、私の勤めていた飲食店店舗

<厨房に立つ霊>
目撃者:バイトY
「店長、ここやばいっしょ!!なんかいつもそこ、黒いの立ってんで!!」

<オープン前の事故>
体験者:本部上司、前店長、オープンメンバーバイト達
上司「なんやこの盛り塩!!邪魔や!!捨てとけ!!」
そこは違う店をやっていたとこを、業態変更した店。
(外のおばちゃん)キィィー!! ドンッ!! …ピーポーピーポー…
全員「……………」
その後、私が勤務になったとき、
あまりにも噂がヒドイので、従業員の動揺を押さえるため、
上司に相談したところ、
上司「大丈夫や。本部が御払いしたから。」
…お堅い本部が認めるほど??

<奥の座敷ですすり泣く声 その他>
目撃者:業態変更前のバイト達
奥ですすり泣く声が聞こえた。
奥で誰か立ってた。
掛けてあるアサヒの絵の裏全部にお札が貼ってあった。
その他… キリがない…

ちなみに、忙しさのあまり、店舗でしょっちゅう寝泊りしていた私。
なにもなかったよ。


3、2近くの別業態の系列店

<誰もいない席番から呼ぶピンポン>
目撃者:バイトM・S・K
いつも誰もいないはずの決まった席から、何度もならされるらしい。

<誰もいない厨房から気配>
誰もいないはずの厨房から道具を触る音がする。
誰かがなにかをやっている気配がする。


4、よくいてった別業態の系列店

そこのハコで昔営業していた、当時有名だったらしい店の
オーナーの娘が、2階で自殺したという噂。

私は、1階では忙しさで、寝てしまったことはあるが、
2階へはまともに1ではあがったことがない。
霊感0の私も、さすがにあの2階の雰囲気、空気の重さ、
ジメジメした感じ、おかしなほどの寒さ、奇妙な気配…
あれは体が2階へあがるのを拒否する。


5、弟が前に勤めていた飲食店

いつも決まった席から奇妙なうす笑い声。
またはその場所にいる謎の女。

飲食店ではこういう話はつきものなんだろうか。
是非他の方の話も聞いてみたい。


6、ヤバイ抜け道

小学生の頃によく通った抜け道。
独特の雰囲気がある。
あるとき、いつもは誰かと一緒だったが、その日は
1人で、ふと横を見ると、謎の浮遊物が。
枯葉か?と思い、見つめていると、
ふわふわと上がったり下がったり…
近寄って確認しようとすると、それは
勢いよくこちらに迫ってきた!!
あまりの恐怖に全速力で走って逃げた。

この道は今通ってもやっぱりヤバイ。


7、岩崎城の物見櫓跡地??

歴史めぐりの好きな私は、
よく城跡などを散歩する。
長久手古戦場、色金山歴史公園等。
問題の岩崎城にもよく行く。
しかし、一番てっぺんの場所、物見櫓跡地らしき場所には
どうしてもあがれない。
まるで、何者かに来るな!!と言われているようで、
足がすくみ、背筋が凍る。

何度も岩崎城には行っていますが、
未だに登れず、あの上になにがあるか知りません。
歴史好きとしては登ってはみたいのですが…
だれか、なにがあるか知ってみえる方がいらしたら、
是非教えてください。


聞くだけでは全然怖くない、雑魚ネタ。
とりあえず今日はこのへんで。

怖くもない話を最後まで読んでくれて、
ありがとうございました。


恐怖第2夜 悲痛の叫び 

カテゴリ:実体験系


これは聞く分には怖くはないが、

実際にあると、とても怖い話です。


確か1・2年前くらいに

その時たまたまついていたテレビのニュース。

とてもひどい、押し入り強盗殺人のニュースがやっていました。


あの事件は確か、たまたまその日、勤務で

現場に居合わせた、罪なきパートの女性2人が

強盗に殺害されるという悲惨な事件でした。


実家の居間で弟と2人、

私はくつろいでテレビを観ていました。


なにげない普段ニュースで聞いている

生中継のレポーターの声

「事件があったのは―――   

 ―――について調べていま

  『… ぁぅう゛ぁがぁぁ… 』 ました」

 …あまりの突然の恐怖にしばらく沈黙が続きました。


ニュースが終わったころ、

私は、今のはそらみみだと思いたい気持ちで

「 … 今… なんか聞こえたか?」

そう弟に尋ねると、

「 … 聞こえた…」

どうやら弟も、そらみみだと思いたかったようです。


叫びのようにも、泣き声のようにも、

あるいは声のようにも聞こえました。

いずれにせよ、被害者のあまりの突然の出来事に

悔しさ、犯人への憎しみ、恨み、やり場のない悲しさの

精一杯の叫びだったのではないかと、

頭の中に残る声に、とても悲しい気持ちになりました…


  1. 無料アクセス解析