fc2ブログ

恐怖第5夜 昔の人 

カテゴリ:実話系

 

・うちのおばあさん体験の実話。

霊感が強いらしいうちのばあちゃんが
若い頃の大昔の話。
あんまり怖くないですっ。

その日、友人と出かけ、当時の矢田橋付近の
細い道を通った時のこと。
向こうから明らかにおかしい格好(大正・明治のような)
をした若い男性が歩いてきた。

若き日のばぁちゃんは『おかしいなぁ』と思いつつ、
そのまま通りすぎようと思ったとき、
ふと前を見ると、その男がいつのまにか目の前
にいて、若き日のばぁちゃんに、

『道を尋ねたいのだが…
XXXへ行くにはどう行けばよいであろう?』
と、道を尋ねてきた。

若き日のばあちゃんと、その友人は、
お互いに首を傾げる。
そんな地名など聞いたこともないし、少なくとも
この辺にはそんなところは無い。

申し訳なく思いつつも、仕方なく
『申し訳ありません。存じません。』
と答えると、男は薄笑いを浮かべ、

『左様であるか…
されば結構… 御免…』
と言い、通りすぎていった。

なぜか背筋が凍るような奇妙な雰囲気の男に、
友人と『なんか今の方おかしくなかった?』
『おかしかったよね…』と小声で話しつつ、
後ろを見ると、

?????

今すれ違ったはずの男がいない…



ちなみに、この話には関係ないですが、
その近くには自殺の名所として有名な、
大きな自殺の木があります。

数多くの心霊目撃談をききます。

そこは夜中にもよく通りましたが、私は1度も
見たことありません。

そんな場所にも関わらず、夏には花火や盆踊り
でかなり盛り上がりますっ◎


そのまた近くの踏み切りは、よく人身事故が
おこります。

私の幼い頃から知っていた方(天敵・因縁のライバル)
もそこで、警察に踏み切り内に追い詰められ、
殺されました。

その他にも、多くの事故がおきています。


そのまた近くの公園では、夜中にトイレの前で
女性が無表情で立っているようです。
もし女性を見てしまっても、気づかないフリして
通りすぎましょう。
もし目が合ってしまったら…


 
スポンサーサイト



この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yelaixiang1129.blog10.fc2.com/tb.php/5-536a4cf0

  1. 無料アクセス解析