fc2ブログ

恐怖第10夜 よくみると怖い話 

カテゴリ:思考系

 
2つほどつくってみましたっ☆

簡単だとは思いますが…

楽しんでいただけたら嬉しいですっ☆



---------------

≪ひとりかくれんぼ≫

俺はネットで、今日リアルタイムの
ひとりかくれんぼを実行しようと思う。

そして俺は詳細を掲示板に書きながら進めた。

結局なにも起こらなかった。

念の為、浴槽で無造作に置かれたナイフの
刺さった、うつ伏せに横たわる人形の写メと、
部屋の様子を写メに残した。

俺   『やっぱりなんも起きんかったぞ。
    人形の写メUPする』

参加者『う~ん ちょっと人形の目が光ってる感があるが…
    何も起きなかったのは残念な反面、
    勇者に危険が無く終われてよかった。』

まぁ だいたい怖い話なんてこんなもんだろ。
なにも起こるわけがない。
まっ、とにかくひと安心。

---------------

≪お化け屋敷≫

今日は学園祭があり、俺は大好きなお化け
屋敷に入ることにした。

落ち武者、
血まみれの女幽霊、
ちょっとウケるトイレの花子さん、
場違いなミイラ、
ただ脅かすだけのヤツ、
三つ目の坊さん、
鬼太郎風の男、
最後にありがとうございました… というゾンビ、

ありきたりだな。

出口を出ると、お化け屋敷を考えたヤツが
ニヤニヤ待ち構えてた。

考えたヤツ 『どうだった??』

俺      『ふっ… たいしたことないな。』

考えたヤツ 『そんなこと言うなよ!!7人とも
        頑張ってんだから!!』

俺      『でも2番目の女の子…マジ
        怖かったぞ…』

考えたヤツ 『なんであんなん怖いんだよ!
         変なヤツだなぁ。』

まぁ、あの子を除いてあとはたいしたことなかった。
学園祭のお化け屋敷なんてこんなもんか。

---------------


ちょっと簡単すぎっちゃたかもっ…

ごめんなさい。


 

恐怖第苦夜 イジメがうんだ悲劇 

カテゴリ:思考系

 
これは、イジメがうんだ悲劇の話です。


俺のクラスにはいじめにあっている女子がいる。

そんな彼女を助けてやる勇気のない
俺がいた。
そしてそんな彼女を見るのが嫌で、俺は学校に
行かなくなっていた。

そんなある日、学校の俺の机の中に大切なメモを
したノートがあることに気づき、みんなが下校するころ
を見計らってノートを取りにいった。

すると教室には、いじめられている女子が1人、
ポツンと寂しそうに自分の席に座っていた。
その女子の机の上には、亡くなった人のように花が
置いてあった。

『お前… こんなことされて…
ごめんな… 俺… 弱い人間なんだ…
お前は強いな…』
と俺が言うと、

『いいの… あたし慣れてるから…
そんな風に思ってくれてるのはあなただけだよ…
それにあたしは強くなんかない…
もうここにいる権利もないし… あたしは弱い女。
でもあなただけは私のことを忘れないでね…』
そんなことを彼女が口にしたので、

『何言ってんだよ!!お前はこのクラスの人間だよ!!
変な事いうなよ!!』
と言い返した。

すると廊下から話し声がしてきた。

『まじあんなヤツ死んで当然なんだよ。気持ちわりぃ。』
『そうだな。』

… 主犯格のヤツらだ…

そしてそいつらは教室の戸を開けた。
俺は覚悟を決めて注意しようとすると、
ヤツらは俺達を見るなり、突然慌てて逃げ出した。

?? なんだ??と思っていると、彼女が、

『自分のことは自分で落とし前つけるわ。
ありがとう。』
と言い残して、ゆっくりとヤツらを追いかけていった。

大丈夫かな??と思い、気になって俺も追いかけて行った。

3人は屋上にいた。
しかし、様子がおかしかった。
立場が逆になっている。

怯えて腰を抜かしているのは主犯格2人だった。
俺はビックリしたが、ざまぁみろと心で思い、
やっぱりあいつは強いなぁと思いながら、
これでやっとイジメも終わる、そう安心して家に帰った。

しかし俺は、学校には行く気になれず、
そのまま不登校を続けた。

そしてそれから6日が経った。
1週間ほど前から旅行に出かけていたオカンが
帰ってくるなり物凄い勢いで俺の部屋に入ってきて、

『ちょっと あんたのクラスの子達自殺したんだってね!!
なんか女の子が一週間前にいじめで自殺したのが
きっかけなんだってね!!責任感じた子達が6日前から相次いで
屋上から飛び降りてみんな自殺しちゃったって!!
もうお母さんそれ聞いた時
あんたも自殺したんじゃないかと思ったわ!!』

… こんな時にべらべらと…
正直おかんの話なんてまともに耳に入らなかった。

あの時… あの時俺が、彼女をしっかり守って
やっていれば…

後悔と自責の念で一杯だった…

そう… 俺が彼女を守ってやらなかったせいで
俺以外のクラスの人間が全員死んでしまったのだ…


それから俺は、学校に行くようになった。
俺のクラスはなくなり、担任も世間の批判に耐えきれず自殺…

俺一人、別のクラスに入ることになった。
しかし、まわりの目はとても冷たい…

なんでコイツだけ生きてるの?

そんな視線を感じながらも、毎日通い続けた。
勿論、俺と口をきいてくれる人間なんていない…
まるで俺はここにいないようだ…

きっとこれは彼女を助けてあげなかった罪だ。

でも俺は通い続ける。もう弱い人間にはならない。
今度あんなことがあれば、絶対に今の俺なら戦える。

ありがとう。



長々とごめんなさい…
実はこれ、怖い話なんです。

気づきましたか??


 

恐怖第8夜 ねぇ… 入ろ… 危険度大 

カテゴリ:実話系

 
話を始める前に、言っておきます。

この話は、読むだけでかなり危険です。
必ず自己責任で読んでください。

なにが起こっても責任は取れません。


まだこの時点では後にひくことができますよ…


それでも読むという方は↓どうぞ。

では お楽しみ下さい…





---------------


これは私の友人Uの話です…

Uは大の風呂好きで、いつも長風呂を楽しんでいます。

そんなある日、
怖い話が大好きなUは、本当にあった怖い話
の集まる掲示板を読んでいました。

第38話 『ねぇ… 入ろ…』

なんか面白そうなタイトルだなぁ と思い、
Uはその話を読むことにした。

そのページを開いてみると、

『 話を始める前に、言っておきます。

この話は、読むだけでかなり危険です。
必ず自己責任で読んでください。

なにが起こっても責任は取れません。


まだこの時点では後にひくことができますよ…


それでも読むという方は↓どうぞ。

では お楽しみ下さい… 』

という始まりになっていた。

Uは、『ふっ… 古臭い脅し文句だな…』と
気にもせず、話を読みだした。


【 私はT区に住むSと申します。

先日恐ろしい体験をしたので書き込みをします。

私はその日、仕事でひどく疲れ、今日はお風呂に
入って早くねようと思い、湯を沸かし、浴室へ向かいました…

ズル… ズル…

なにか床を擦るような音が聞こえたのですが、
気にも止めず浴室へ。

私は、今日の疲れを忘れるように、浴槽でゆっくりとしていると…

ズル… ズル…

誰か居る… 私は一人暮らしなので、うちに他の人間が
いるはずがありません…

ズル… ズル…

その音は、浴室の扉の前まで来ました…

あまりの恐怖に、ただお風呂の中で怯えていると…

コンコン…

半透明の扉の向こうから、頭と手だけが透けて見えました。
何者かが首だけあげてノックしているのです。

ガラ…

戸が開けられ、そこには血だらけの髪の長い女が
ニッコリと薄気味悪く笑っていました…
その顔は、例えようのないほど不気味で、生きた心地が
しませんでした…

すると女は

『ねぇ… 入ろ…』

わけもわからず怯えきってる私に

『血だらけなの… ねぇ… 一緒に入ろ…』

そういいながら腹ばいに

『ねぇ! 入ろうよぉ!!』

……
私はあまりの恐怖にいつのまにか気を失っていました。

翌日、その話を友人達に話しました。
しかし、やはり誰一人信じてくれませんでした…

私は、恐怖に怯えながらも、その日もお風呂に入り、
しばらくすると、やはりその女は現れました…

しかし、すでに体験していた私は、昨日より冷静
でした。

そして、また昨日と同じように、擦り寄ってくる女に、
とっさにでた言葉を必死に叫び続けました。

すると女はいつのまにかおらず、浴室は静まりかえっていました。

それからというもの、あの女は私の前に現れません。

しかし、私の周りで変わったことが1つ…

この話をした友人たちが、あんなに綺麗好きだったのにも関わらず、
何日も風呂に入っていないようなのです。

そして次々に精神病院に入院していきました…
これで確信しました。

この話は感染するのです。

しかし安心してください。ちゃんと対処方があります。
それは… 】


『ふっ… 内容もありきたりだな…』

Uはまったく気にしていなかった。
今までこんな話は山ほど読んできた。
しかしなにも起こらなかったからだ。

そしてそんな話もすっかり忘れ、大好きな風呂に
入ることにした。

ズル… ズル…


……
私は久しぶりに会ったUをみてビックリした。

あんな風呂好きのUが、何日も風呂に入ってない様子…

そしてその理由を尋ねると、この話を聞かしてくれた。

だったらその掲示板で対処法ちゃんと見直せばいいじゃん。
そう私が言うと、

『オオォンナガァァ!! カカオガァァ!!』
などと訳のわからない事ばかり叫んでいた。

ちなみに、私もこの話を聞き、なおかつ、実際に
その掲示板も見ました。

しかしなにもありません。

それは、ちゃんと対処法を知っているからです。


もし、この話をよんで、怖くてお風呂には入れなくなって
しまったなど、困ってしまった場合は、
対処法教えます。

別に大丈夫。
という方は… ご自由にどうぞ…

自己責任ですので…


対処法
mixi会員限定)



最後に、こんな長い話を最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

 

恐怖第6夜 幽霊より怖い話1 

カテゴリ:実話系

 
読んでて怖かった
人間の恐怖を持ってきました。



<蝉>

つい最近、経験した、俺的に洒落にならない怖い話。幽霊とかじゃないんだけど。
バイクが趣味でお盆休み一杯、帰省もかねてあちこちをウロウロしてた。
で、休みの最終日の夕方、また一人暮らしのワンルームマンションに帰ってきた。
一週間、誰一人入る者のいなかった独身男の部屋は、むわっと蒸し暑い。
クーラーをつけて熱いシャワーを浴びて、ビールのカンを空けてソファーに座り、
ひといきついたその時。

ジジジジジジジジジジジジジジジジ!

部屋の中に大音量で奇妙な音が鳴り響いた。
音がした方向を見て、俺は「え!?」と固まった。
白い壁に、蝉、蝉、蝉。蝉が10匹ほどとまっていた。
そのうちの一匹が、人の気配を感じてか、急に鳴きだしたのだ。
気持ち悪い。だが、俺も男だ。別に、虫が怖いわけでもなし。

どこから入ってきたのだろう?換気扇?

などと思いながら、壁の蝉の群れに近づいて、ぞっとした。
その蝉の、一匹一匹が、壁に虫ピンで固定されていた。
鳴いた蝉以外の他の蝉は、既に死んでおり、すっかり乾燥していた。

とりあえず、警察を呼んだ。盗られたものなし。
変質者の仕業であろう、と言う結論に。
カギをかけ忘れた小窓から進入した可能性あり、と。
5Fなんだけどね、俺の部屋。

蝉の乾燥の具合の程度が異なることから、
何日にもわたって変質者が俺の部屋に居座った可能性もある、とのこと。
あらかじめ、死んだ蝉を持ち込んだ可能性もあるけど。
生きた蝉もいたことから、最悪、その日の朝くらいまで変質者が居た可能性も・・・。
さすがに気持ち悪かったので、冷蔵庫の中のもの、
飲みかけのウィスキーのボトルの中身、
全部捨てた。

蝉と虫ピンは、警察が全部持っていった。



<痴漢>

高校生くらいの時、電車で痴漢にあいました。

満員電車で触られて、身動きとれないので「やめてください。」って何度も言ったけど
やめてくれなかったので、だんだん腹が立ってきてそいつの手に爪をたてたんです。

でもそいつはやめるどころかまずますエスカレートしてきて、ぶちぎれた私は
そいつの手を思いっきり、皮がめくれるほど引っかいてやりました。
するとそいつは混みこみの電車の中を猛烈な勢いで人をかきわけて移動し、私から
5メートルほど離れた壁際に移動しました。

少しほっとしてそいつを見ると、そいつはこっちを上目遣いにジッと見つめ、
ニヤニヤしながら私が引っかいた手の傷をベロベロと舐め回していました。

痴漢だ、と気づいた時よりも薄ら寒いものを感じて怖くなり、次の駅で降りましたが
今でもそいつのその時の顔を思い出すとぞっとします。

ちなみにK察(駅員?)に突き出すという考えは、その顔を見て真っ白になった頭では
思いつきませんでした。
怖かった・・・



幽霊より怖い話1
http://yelaixiang1129.blog10.fc2.com/blog-entry-6.html

幽霊より怖い話2
http://yelaixiang1129.blog10.fc2.com/blog-entry-7.html


 

恐怖第死夜 願い・・・ 

カテゴリ:実話系

 
これは確か、いつかのバスガイドサンが
話していた話です。


そのガイドさんは、霊感が強いらしく、
各地へ行っては、必ず見てしまって
いるようです。


そんなある日の観光地で泊まった古い旅館
での話です。

ガイドさんは古い和室の部屋を見て、すぐに
『あぁ…絶対出る』と思いました。

そして予想通り、夜寝るとき、体が動かなくなり、
ゆっくりゆっくり畳をすり歩く音がし、ガイドさん
の周りを回り続け…
『助…けて… 苦し…い…』と繰り返し続けている。

ガイドさんは『早く消えてくれ…』という想いで、
般若心経を唱え続けていました。

そして消えた頃、時計をみると丁度4時…
布団に入った頃が2時頃です。

『まだ2日もある… テンション下がるな…』
そう思いながらその日は眠りにつきました。


次の日、その日はとてもハードで、かなり疲れて
部屋に帰り、お風呂を上がってすぐに、『お願いだから
今日は出ないで』という想いいっぱいで布団に入りました。

するとやはり、畳をする音と、『助けて…苦るしい…』の
声に起こされてしまい、『もういい加減にして!』という想いで、
寝たふりをしていました。

しかし、その音と声は段々エスカレートしていき、
ガイドさんはたまらず、

『うるさいっ!! 疲れてんのっ!!』
と激怒しました。

すると突然パタッと音も声もやみ、
ガイドさんはホッと安心して、目を開けると、


『この薄情者ぉぉっっ!!』
と叫ぶ、もの凄い形相をした、髪の長い着物の女の顔が
すぐ目の前に…

ガイドさんが『ひぃっ』という顔をしていると、女は、
ガイドさんをキッと睨み、ガイドさんの上から起き上がって
何事もなかったかのように、また畳をすって、
部屋の入り口へ歩いていって、フッと消えた…

時計をみると、やっぱり2時頃でした。


翌日、昨日怒らせてしまった恐怖に怯えながら、
またその部屋で最後の夜を迎えることに…
さすがにその夜は前日のこともあって、恐怖で
寝られず、布団に入っていた…

時間は2時…

なにもおきない…

そして3時、4時になってもなにもおきなかった…
この日、この部屋で初めて安心して眠りについた。


あの女が何者で、なにを求めて出てきていたのかは
わかりません。



これは結構怖い話だったので覚えてます。

それにしても、ガイドさんカワイイ顔して
肝っ玉すわりすぎっ…


やっぱりガイドさんとかって、こういう体験する方
多いのかなっ??
是非いろいろ聞いてみたいです。

 
  1. 無料アクセス解析